メイン画像

より生産的な業務ヘ

ローンの契約というものは、金融機関においては代表的な業務の1つと言えるのではないでしょうか。
これは、企業または個人(契約者)から「年収情報」や「財務諸表」といったものを提出してもらい、専用のシートに入力し、まとめていかなければならないようです。このシート作成のような業務は、情報管理のために金融機関では必要不可欠なものと言えますが、作業内容を見てみると、フォーマットは既存のものがあり、それに基づいて必要な情報収集を各データから洗い出し、展開していくといった集中力を要する面倒臭い作業と言えるでしょう。
顧客数が100万人以上と言われるイタリア有数のある銀行では、今までこういった作業を全て手作業で行っていたそうです。そのため、エントリーの段階でのミスが多発してしまい、それを修正するための確認作業などで、さらに仕事が増えてしまうという悪循環に陥ってしまいがちだったようです。
その上、このような作業は、内容は違えど、作業はくり返し同じことを続けることになるため、働き手の集中力ややる気といったものは低下傾向にあるという状況だったようです。そこで、現状を打破するべく導入されたのが、全自動型のRPAロボットではないでしょうか。
財務に関連する文書を作成するために、ロボットが必要な情報収集を行い、情報の入力、まとめ、分類、必要書類作成まで自動で行ってくれるようです。
ロボットは8台導入されたようで、それにより入力ミスは実質0件となったそうです。つまり、今まで修正や確認に費やされていた時間は無くなり、1件当たりの契約完了時間は、大幅に少なくなったと言われています。何より、働き手が悶々とした作業から解放され、今まで行えなかったようなサービスの充実を目指すなど、アップセルの成功率も向上したと言われています。そのすべてをソフトウェアロボットで完結できるため、情報漏洩の心配もなくなったのではないでしょうか。

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、当サイトの制作者は責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

TOP