メイン画像

Webシステム操作の自動化

最近では、オフィスでもWebシステムを利用するといったことが多くなってきたように感じられます。
社内における基幹システムといったものもWeb化し、取引先などでもインターネットの受注や発注システムを通して取引するといったことも珍しくは無くなってきているのではないでしょうか。ほかにも、ASP型やクラウド型サービスといったものを、ブラウザから利用するようになったという会社も増加してきているようです。近年では、ブラウザ上で行っている多様なルーティン作業を自動に切り替えることのできる技術が開発されるなど、ブラウザ上で行える作業の可能性というものは広がりつつあると言えるのではないでしょうか。たとえば、毎日のように、それぞれの取引先別にインターネットを通した企業同士で取引をするシステムから受注票を収集し、注文データ販売を管理している社内システムに入力するといった作業を行わなければならない食品メーカーなどでは、上記の自動化技術を取り入れることによって取引先別に注文の履歴管理やデータ処理といったものを自動で行えるようにしたという企業もあるようです。
また、ネットバンキングなどで発行されるクレジットカードが不正に使われていないかどうかといった調査にも活用されているようです。
決済方法が多様化しているデビッドカードなどによって、処理する事務側の工程は増え、複雑化したことが理由に挙げられるでしょう。
行内のシステムや、取引先のホームページの調査といった確認作業を自動化することで、カードの不正利用件数などは減少傾向にあるのではないでしょうか。
また、別の業種として、タイヤ輸入・販売を行っている会社において、運営する通信販売サイトの価格更新や、在庫管理といった細々した業務を、自動で行うようにしたという例があるようです。今まではこういった情報管理などは、人手を割いて注意を払いながら確認し、更新するというのが一般的でしたが、自動化技術導入によって、圧倒的早さと正確さで行えるようになったそうです。

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、当サイトの制作者は責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

TOP