メイン画像

プロダクトライフサイクル 2

マーケティング戦略の中の「プロダクトライフサイクル」における、商品寿命の流れを詳しくみていきましょう。
【導入期】・・・商品やサービスが市場にデビューする時期。認知度が低い為、需要は低め。ビジネス展開の展望が望めず、この時期に、市場から撤退する商品やサービスも少なくありません。
【成長期】・・・商品やサービスの需要が高まり、売上が伸びる時期。この時期に、生産性が追いつかないとなると、せっかくのビジネスチャンスを棒に振ってしまうことにもなり兼ねません。この時期から、ライバルとの競合が気になりはじめます。
【成熟期】・・・プロダクトライフサイクルの流れの中では、「ピーク」を表わします。成長期の頃から比較すると、ビジネスに関わる人々もある程度の生産トラブルなどには対処できるような時期ですが、ビジネス戦略における油断は禁物です。多くの場合、大量生産が可能となる事で、商品やサービスの低価格化が起り、低コスト商品として競合との格差を生みます。ユーザーが多様化する傾向があるので、新たな思ってもみないクレームなどが発生することもあります。
【飽和期】・・・ピーク期を過ぎた事もあり、大衆化する事で、ブランド力が落ち目となります。
【衰退期】・・・市場での需要がかなり低迷します。この時期に、撤退、もしくは返り咲きとなる新たなビジネスモデルを模索し始めます。
このような商品やサービスの寿命の流れを読み取る「プロダクトライフサイクル」を、SEO対策の中での「キーワード」管理として扱うのであれば、さらに複雑な管理を行う必要があるかもしれません。SEO対策の中では、「キーワード」の選択には、その難易度が障害となることもありますので、「キーワード」を商品として、市場の中でのそのサイクルを読み解く事は容易ではないかもしれません。

2019.8.29

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、当サイトの制作者は責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

TOP